広島市の放課後等デイサービス(児童デイ)アートスペースHAP

放課後等デイサービス・児童発達支援 ボーダレスアートスペースHAP 事業所

児童発達支援・放課後等デイサービス HAP

〒730-0045
広島市中区鶴見町2-24-101

対象

・児童発達支援:

 未就学児

・放課後等デイサービス:
6歳~18歳児(就学児)

定員

・児童発達支援 1人/日
・放課後等デイサービス 9人/日

営業日

毎週月曜日~日曜日
(ただし、12月29日~1月3日はご利用できません)

事業内容

広島市指定児童発達支援
広島市指定放課後等デイサービス

基本利用時間

・児童発達支援:
月~金 10:30~13:30
土・日 17:30~19:30
・放課後等デイサービス:
月~金 14:00~18:00

 土・日 11:00~17:00

放課後等デイサービス HAPふじみ

〒730-0043
広島市中区富士見町15-1

対象

6歳~18歳児(就学以後の児童)

定員

放課後等デイサービス 10人/日

営業日

毎週月曜日~日曜日
(ただし、12月29日~1月3日はご利用できません)

事業内容

広島市指定放課後等デイサービス

基本利用時間

14:00~18:00
※土曜日、日曜日、夏休みなどの長期休暇は、
11:00~17:00

児童発達支援・放課後等デイサービス ボーダレスアートスペースHAPについて

2013年4月。 HAPは、ギャラリーから アートアソシエーション(アートする場所) へ。

いろんな"可能性"を作品にする「お手伝いの場」をつくろう――。

1989年からギャラリーとして、広島のアートシーンにたずさわり、 多くのアーティストを発掘、作品を発表してきました。

これからは、 アーティストがこどもたちの感性とコラボレート します!

療育=アート

というコンセプトのもと、社会に出るまでの大切な時をサポート。

HAPですごす時間が、こどもたちの豊かな人格を形づくること、 そして、アートが社会とのコミュニケーションツールとして役立つことを、わたしたちは、確信しています。