広島市の放課後等デイサービス(児童デイ)アートスペースHAP

新着情報

ボーダレスアートスペースHAP 事業所

児童発達支援・放課後等デイサービス HAP

〒730-0045
広島市中区鶴見町2-24-101

対象

・児童発達支援:

 未就学児

・放課後等デイサービス:
 6歳~18歳児(就学児)

定員

・児童発達支援 1人/日
・放課後等デイサービス 9人/日

営業日

毎週月曜日~日曜日
(ただし、12月29日~1月3日はご利用できません)

事業内容

・指定児童発達支援
・指定放課後等デイサービス

基本利用時間

・児童発達支援:
 月~金 10:30~13:30
 土・日 17:30~19:30
・放課後等デイサービス:
 月~金 14:00~18:00

 土・日 11:00~17:00

放課後等デイサービス HAP大手町

〒730-0051 広島市中区大手町2-5-11
はるぜんグランリーブ201

対象

6歳~18歳児(就学以後の児童)

定員

放課後等デイサービス 10人/日

営業日

毎週月曜日~日曜日
(ただし、12月29日~1月3日はご利用できません)

事業内容

指定放課後等デイサービス

基本利用時間

14:00~18:00
※土曜日、日曜日、夏休みなどの長期休暇は、
11:00~17:00

児童発達支援・放課後等デイサービス ボーダレスアートスペースHAPについて

HAPは、1989年からギャラリーとして広島のアートシーンにたずさわり、多くのアーティストを発掘、多くの作品を発表してきました。

2013年4月からは、いろんな可能性を作品にする「お手伝いの場」――

アートアソシエイション(アートする場)に生まれ変わりました。

これまでたずさわった多くのアーティストがみなさんのお手伝いをしたり、一人一人の個性をあふれる才能を見つけていきます。

「施設名:ボーダレスアートスペースHAP」という名前は長いので、HAP(ハップ)と呼んでください。

HAPの考える児童発達支援・放課後等デイサービスについて

療育=アート

という考えのもと、社会に出るまでの大切な時をサポート。

学校通学中の子どもたちに対して、放課後や夏休みなど、 アートを通じて一人一人の個性に潜む可能性をひきだすお手伝いをします。

わたしたちは、HAPですごす放課後が、こどもたちの豊かな人格を形づくること、そして、アートが社会とのコミュニケーションツールとして役立つことを確信しています。